スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ありがとう

80歳の女性と その孫の16歳の少年が救出されましたね!!

災害時の生存の目安とされる72時間をはるかに越えた217時間ぶりの救出!!


うまく言葉にできないのですが・・・とにかく


生きててくれてありがとう!!

助けてくれてありがとう!!



それにしても 腹立ったのは 今日TVを見てたら

救出された少年の入院先の病室にマスコミが駆けつけ

インタビューしてたことです

あれってどういうこと!?

そりゃまぁ 許可はとったんでしょうけど

せめて顔をちょっと映すくらいにして欲しかった

一見元気そうに見えても 身体的にはもちろん

精神的なダメージはかなりのものだと思います

どうかゆっくり休ませてあげてください!!


少し前の フジTVのスタッフの失態にも

腹立つのを通り越して悲しくなります・・・

「音声機器のトラブルでなんたらかんたら・・・」と

1週間もたって謝罪したようですが

問題はそこではなくて 不謹慎な発言が許される職場風土や

そういう発言を平気でするスタッフがいること自体が問題なのでは・・・



今回の大災害は 普段あたりまえにしていたことを

真剣に考えてみるきっかけになりました


たとえば電気

あたしたちは電気というものに どれだけ頼って生活しているか

スイッチオンで当たり前のようにつく照明 TV パソコン

冷蔵庫 電子レンジ 洗濯機などなど

身の回りにあるものだけでも 数えだしたらきりがない

病院なら 人工呼吸器とかモニター類など生命に直結するものもたくさんあります


今回の原発事故

東電の危機管理不足や初期対応の遅れなどあれこれ言われていますが

本当に怖ろしい深刻な問題であり 正しい情報提供と適切な対応が望まれます 

それにしても 現場で決死の作業をしてくださってる方たちがいるかと思うと 

どのような感謝の言葉を伝えたらよいのかわかりません


あたしたちは いろいろな人のお陰で生活できているんですよね

たとえば パンをひとつ買うにしても

原材料の小麦を作る人 その小麦を粉に加工する人 その小麦粉を運ぶ人

そこからパンを作る人 作ったパンを運ぶ人 店頭に並べる人・・・

店頭にパンが並ぶまでには本当に多くの人が関わっていて

どれが欠けても 自分の口に入ることはないんだなぁと・・・


先日 息子のヤマトが大学を無事卒業できました

都内なので 当然のことながら卒業式は中止

地元で就職予定のため 一昨日引越しの手伝いに行ってきました

引越しするにあたっても 引越し屋さんはもちろん

そのトラックを動かすにはガソリンが必要で

そのガソリンは給油所に誰かが運んでくれていて

運ぶための道路はこれまた誰かが整備してくれたわけで・・・


もう考え出すとあらゆるところで

顔は知らないけどいろいろな人たちがつながっていて

ここに書いてもしょうがないけど 本当にありがとうございます

(*- -)(*_ _)ペコリ


わたしは、一日100回は、自分に言い聞かせます。

わたしの精神的ならびに物質的生活は、

他者の労働の上に成り立っているということを。(注1)



それにしても引越し疲れた・・・(;´Д`A ```

でもこれで一安心



今はこれ以上被害が大きくならないように祈るばかりです

さらに大きな災害が他の地域で起こったりすれば

お互い助け合うことすらできなくなってしまう・・・


被災した跡から金品を盗むとか 停電を利用した強盗とか

義援金詐欺とか よからぬことも起こっていますが 

いわゆる「悪」と呼ばれるものは いつの時代も 何が起ころうと

変わらないものなんでしょうね


人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。(注2)



あたしの勤務先の病院でも 職員が交代で被災地の支援に行き始めました

あたしもいつになるかは未定ですが 順番が来たら行ってきます


支援チームからの情報によると 支援先の病院では 

脱水や低体温で運ばれてくる人がとても多いそうです

インフルエンザも発生しているとのことです


栄養不足 水分不足 不衛生な環境 ストレスなどなど

条件が悪すぎますよね(。´Д⊂)

普通なら治るものも治らない・・・



さて それでは久しぶりに妄想劇場スタート


ここは ネルフ国際病院


シンジ : ナナコさん・・・ あのー すみません・・・

      風邪引いちゃって熱が・・・ゴホッ ゴホッ


ナナコ : え~~~ 風邪なんか引いてる場合じゃないのよ!

      たしか 次の支援チーム あなたメンバーになってたんじゃ・・・


アスカ : そうよ バカシンジ

      今夜の夜勤はあたしが変わってあげるから

      とっとと帰って風邪治しなさい! 


ナナコ : えっと それじゃ支援チームのメンバー変えないと・・・


レ イ : あたしが行きます


ナナコ : ありがとう! それじゃよろしく!


マ ヤ : 碇院長から電話です!


碇院長 : ハイパーサポートチーム(何それ?w)

      明後日 宮城県に向かって出動だ!


 

今できることのひとつ 自分自身が体調を崩さないこと

風邪なんかひいてたら支援どころじゃなくなってしまう

そして 通常業務を今まで通り安全に行うこと




※(注1)(注2)は 「アインシュタイン150の言葉」より引用しました





    
スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/03/21 20:30
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。