スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

フローレンス・ナイチンゲール

2月9日

今日は ナデシコ(娘)の誕生日でした

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆Happy Birthday ☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆


2・・・9・・・肉の日

ルフィーが喜びそうな日ですねww



先日美容室に行ったんですけど 終わってから鏡を見たら

誰かに似てる・・・

ワンピに出てきた誰か・・・


そうだ! 「たしぎ」

これでメガネかけたらそっくり?ww



いや 別の見方をすれば

お皿の嫌いな「シンドリーちゃん」に見えなくもないww


もしも パチンコの嫌いなシンドリーちゃんが ホールで働いてたら

そっと後ろにやってきて

「そんな確変 終ってしまえばいい!」・・・とか言いそう


さて どうでもいい前置きはこれくらいにして

今日のお題は 「フローレンス・ナイチンゲール」

あたくしもナースのはしくれですので

いつかはこの偉大な人物を ブログのネタにしてやろう

ブログのテーマとしてとりあげてみたいと思っていました


ナイチンゲールといえば たぶん一般的には

「白衣の天使」というようなイメージが定着していると思います


しかしまぁ 「白衣の天使」で検索したらとんでもない画像ばっかりでした

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

こんなのはまだマシな方ですね ↓


1110nurse_0015_s  ナース 漫画画像



ところがどっこい

実は ナイチンゲールは

こんな感じだったんじゃないかとあたしは思ってます



DVC00577  ドクトリーヌ


このセリフは ナースの場合も ほぼ同様に使えます


いいかい 優しいだけじゃ人は救えないんだ!!

人の命を救いたきゃ それなりの知識と技術を見につけな!!



ドクトリーヌを引っ張り出すとは ちょっと妄想しすぎと言われそうですが

ナイチンゲールは ただのチャラチャラした天使ではなかったんです


彼女は「白衣の天使」「ランプを持った貴婦人」などのイメージで見られることを

好まなかったそうです

でも 戦場で苦しむ人たちには そう見えたのでしょうね


このブログの冒頭にも書いてあるのですが


天使とは 美しい花をまき散らす者ではなく 苦悩する者のために戦う者である


これは ナイチンゲールの言葉ですが

まさにナイチンゲールという人となりが表れているように思います

そしてあたしは この言葉に励まされます


近代看護教育の生みの親であるナイチンゲールの

クリミア戦争での負傷兵たちへの献身はあまりにも有名ですが

実は統計に基づく医療衛生改革でも有名なんですよね

また 病院建築などでも非凡な才能を発揮しました


ナイチンゲールらが戦地へ赴いた時 軍医長官は看護婦(師)団の従軍を拒否したそうです

しかし ナイチンゲールは そんなわからず屋のおっさんには負けませんでした

病院のトイレ掃除が どの部署の管轄にもなっていないことに目をつけ

まずトイレ掃除を始めることによって病院内へ割りこんでいったそうです


また 兵舎病院での死者は 大多数が傷ではなく 

病院内の不衛生(蔓延する感染症)によるものだったと思われ

ナイチンゲールは徹底的に病院内の衛生を保つことを命令しました

これにより死亡率は激減したといいます


ナイチンゲールの有名な著書に「看護覚え書」があります

看護学校 あるいは看護大学に入ると

学生は まずこれを半強制的読ませられるのではないかと思いますw

だけどね 学生がいきなりこの本読んでも 面白くないだろうねーw

少なくとも あたしはそうでした


しかし 看護師になって十数年経った頃 1年ほど研修へ行ったのをきっかけに

あたしはこの「看護覚え書」を読み直しました

・・・というより初めて真剣に読んだのでしたww(コラ!)


ナイチンゲールの後も いろいろな看護の理論家がいろいろな本を書いてますが

ナイチンゲールの「看護覚え書」以上のものはないんじゃないかと

あたしは思ってます・・・ってか 他の本あまり読んでないけどww


だいたいさ 実践あってこその看護理論ですからね

事件は現場で起きてんだよッww


ナイチンゲールは この「看護覚え書」の中で このように言っています


看護とは、新鮮な空気・陽光・暖かさ・清潔さ・静かさを適切に保ち・食事を適切に選択し管理すること-すなわち、患者の生命力の消耗を最小にするようすべてを整えることを意味すべきである(看護覚え書より引用、薄井ら訳)。


この看護の本質が 看護師がまだ専門的な職業だなどと 誰も考えちゃいなかった時代・・・

150年も前に書かれていたとは驚きです


images  ナイチンゲール



さて こんなしょーもない文章ではナイチンゲールという偉大な人物を表しきれるはずもなく

「てめー 何いい加減なこと書いてんだよッ!」と 皆さんにお叱りをうけそうなのでヤメます

何事も ヤメ時が肝心ww


ナイチンゲールについては まだまだ様々なエピソードがありますので

興味のある方は Wikipediaなどご覧ください


それで ほんとに言いたいことはここからなんですけどね

(まだあるのかよ!w)


ナイチンゲールが「看護覚え書」ならば


あたくしナナコは「単語覚え書」ww これを書いちゃおうじゃないかと

先日 ラーメンを食べながら思いつきました


そんなわけで これからは時々「単語覚え書」を書いていこうと思います

(´∀`*)ウフフ 


それでは また



<追伸>

このブログをケータイからご覧の方は

こちらからの方が見やすいかもしれません ↓


ナナコの部屋~second 海(sea)son~


細かい設定がよくわかっていなくてすみません (*- -)(*_ _)ペコリ




 
スポンサーサイト
未分類 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2011/02/09 23:00
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。